納豆を夕食に食べるのが

玉ネギは、血液をサラサラにする食品と言われています。
しかし、血管の中にすでに出来てしまった血栓を溶かす
効果はありません。

出来てしまった血栓を溶かす効果があるのは、納豆です。

納豆1パック(約50g)を食べると、2時間後くらいから
血栓が解け始めます。
長い人では、その効果が8時間〜12時間つづきます。
納豆の酵素、ナットウキナーゼが心筋梗塞、脳梗塞などを
引き起こす血栓を直接的に予防してくれます。

血栓は、明け方に発症することが多い。
なので、夕食に食べるとその効果が朝まで続くわけです。

ナットウキナーゼは、70℃以上では活性力が失われて
しまうので、加熱しない調理方法で食べるのが良いです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。