豆味噌で解毒

大豆を発酵・熟成させた味噌(みそ)には、強力な
抗酸化力を持つ褐色の成分、メラノイジンが入って
います。

体内で、解毒が働く過程で生じる酸化物は、疲れ
や痛み、アレルギーといった不調を引き起こす。
それを、メラノイジンが防ぐと考えられています。

味噌(みそ)の解毒パワーの源は、色。
濃い色の味噌(みそ)ほど、強力な抗酸化力を
持つメラノイジンが多いとされる。

次に大切なのは、大豆の使用量。
大豆には、メチオニン、シスチンといった解毒成分
が含まれています。
これは、大豆の使用量が多い味噌(みそ)ほど
多くなる。

これらのことから、色と大豆の使用量で解毒効果
の高いのは「豆みそ」です。


非過熱処理の無添加生味噌。
原料は全て契約栽培。
天然醸造法で2夏以上かけて、じっくり熟成
させた味噌。
中辛でコクのある旨味の、立科豆みそ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。