大豆は理想の食品

栄養素は単独でというより、他のさまざまな栄養素と
合わさって効果を発揮します。
カルシウムが効率よく働くためには、カルシウムと
マグネシウムの対比が、2対1のバランスが良い。

また、ビタミンB群、ビタミンC、それに
必須アミノ酸が欠かせません。

これらの栄養素が、細胞に入っていくためには、
必須脂肪酸やコレステロール、中性脂肪などが
バランスよく含まれていることも、大切な条件
になります。

その点からいうと、大豆は理想の食品と言えます。

大豆は栄養価がすぐれているだけでなく、いろいろな
タイプの加工食品があります。
たとえば、味噌(みそ)、しょう油、納豆、お豆腐などなど。

味にもそれぞれぞれ特徴があり、季節に応じ、あるいは
体調に応じて、使い分けることもできる食材です。

大豆加工食品4

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。