大豆の主な栄養素と働き

大豆の、主な栄養素と働きです。

タンパク質
  生命をつかさどる基本物質。
  筋肉、臓器、血液などを構成しています。
  生体防御に関わる抗体の成分となっています。

食物繊維
  整腸作用、便秘予防。

リノール酸
  コレステロールの低下、健康な肌や髪、
  心臓病の予防、抗肥満作用。

レシチン
  コレステロールの低下、抗酸化作用、記憶力の
  低下予防、肝臓の解毒作用を助ける。

ビタミンB1
  成長の促進、炭水化物の消化、神経、筋肉、
  心臓の機能を正常に保つ。

ビタミンB2
  納豆では数倍の含有量になる。
  成長と生殖を助ける、健康な皮膚、爪や髪をつくる。
  唇や下の炎症をやわらげる。
  視力の増進、目の疲労を軽くする。
  炭水化物、脂肪、タンパク質の代謝を促進。

ビタミンE
  抗酸化作用、老化予防、鉄分の代謝を助ける。

ビタミンK
  骨粗しょう症予防

カルシウム
  丈夫な骨と歯を保つ。不眠症をやわらげる。
  鉄分の代謝を助ける。

鉄分
  ビタミンB群の代謝を助ける。抵抗力の増進。
  疲労を防ぐ。貧血予防。

サポニン
  抗酸化作用、コレステロールの低下、抗肥満作用。

イソフラボン
  更年期障害をやわらげる。
  骨粗しょう症予防、抗がん作用。

クロマミン
  腎臓病によるむくみの改善、内臓の粘膜強化、
  せきやノドの痛みの改善、美肌。

アルギニン
  スタミナ強化、肝臓機能の働きを促進。

ナットウキナーゼ
  血栓予防、高血圧予防。

オリゴ糖
  善玉ビフィズス菌を活性化する、便秘、 
  大腸ガンの予防。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。