納豆がおいしいワケ

納豆のおいしさの秘密は、
うまみ成分のグルタミン酸が多いからです。

納豆のアミノ酸は、納豆菌が大豆のタンパク質を
分解することで生まれます。
納豆の糸は、このグルタミン酸が
約3万個つながったのでポリグルタミ酸と呼ばれる。

納豆は、そのまま食べるよりよくかき混ぜて、
白くなるほどたくさん糸を引かせる方が、おいしいのです。
それは、かき混ぜることで
豆の表面から、うまみが引き出されるため。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。