納豆の賞味期限

納豆の賞味期限は、製造日から約1週間ほど。
味や香りなど納豆らしい風味が味わえるのは、製造日から
5日目くらい。

納豆は出来上がったあとは、発酵が終わり休眠している
状態で生きています。
20度以上の場所に置くと、再び活動を始めます。

すると、作り出したアミノ酸を分解しはじめ糸引きが弱く
なり、鼻をツンと刺激するアンモニア臭も出てくるので
注意しましょう。
夏などは、特に注意が必要です。

たくさん買ってしまった場合には、パックのまま冷凍庫で
保存できます。
食べる時には、数時間前に常温で解凍する。
冷凍庫から出してすぐに食べたい時には、温め過ぎに注意
して電子レンジで解凍するのでも良いでしょう。

日にちが経過してくると、納豆の表面に白い粒が出てきます。
これは、チロシンというアミノ酸の結晶です。
食べても害はありませんが、下にザラザラとして味を損ない
ますので、白い粒が出る前に食べのが良いでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。