大豆の鉄

大豆、緑黄色野菜、穀類、海藻類などの
植物性食品に含まれる鉄は、非ヘム鉄と呼ばれるものです。

非ヘム鉄は、吸収率がとても低く2〜5%ほど。
しかし、動物性タンパク質食品と一緒に摂ることで
吸収率が、6〜13%くらいに高くなります。

ビタミンCやかんきつ類に含まれるクエン酸も、
非ヘム鉄の吸収率を高めます。

適度な胃酸も、食物の消化吸収を良くするので、
鉄分の吸収率がアップします。
胃酸を多く出すには、よく噛んで食べることです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。