納豆をかき混ぜる回数は

納豆は、「食べる前に、100回以上かき混ぜる」
などと言う人もいます。

100回までといかなくても、白い糸を十分ひくまで
十分にかき混ぜるのが、納豆をおいしく食べるコツです。
豆の表面が白くなるまでかき混ぜることで、うま味成分の
グルタミン酸が増えるからです。

かき混ぜるのは、しょう油などの調味料や薬味を入れる前に。
調味料や薬味を入れた後は、軽く混ぜ合わせる程度にします。

また、納豆を冷蔵庫から出してすぐ食べるより、室温に
少し置いておくと良いです。
冷蔵庫の中では、納豆の発酵は休眠している状態です。
20度以上で、再び休眠状態から覚めて活動を始めるからです。

・野菜に旬があるように、納豆にも ⇒ 納豆の旬
  
・納豆の調味料、しょう油だけ?⇒ 納豆にオススメ調味料

・納豆をいつ食べますか? ⇒ 納豆は夕食に

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。