大豆とおもな大豆加工食品

絹ごし豆腐
 にがりを入れた豆乳を、そのまま容器に流し込んで固める。
 もめん豆腐のように、水分を抜きながら固めないので、
 カロリーはもめん豆腐より少ない。

もめん豆腐
 木綿の布を敷いた容器に、一度固めた豆乳をくずしながら
 流し込み、重石をして水分を抜きながら固める。
 圧力をかけて水分を抜いていくので、タンパク質や
 カルシウムは絹ごし豆腐に比べて多い。

おぼろ豆腐
 絹ごし豆腐が完全に凝固する前の、温かい豆腐をすくい
 取ったもの。
 「もめん豆腐」の圧力をかけて固める状態のものを指す。
 普通の豆腐は、固めたあとに流水で冷やすのに対し、
 おぼろ豆腐は、水には浸さないため大豆の風味や香りが
 失われないのが特徴。

大豆(黄大豆)
 良質のタンパク質、ビタミンB群、脂質を多く含み
 「畑の肉」と呼ばれる。
 選ぶときは、黒大豆や青大豆も含め、乾燥豆は割れや
 虫食いがなく、粒がそろって形が良い、色つやの良い
 ものを選ぶ。

黒大豆
 選ぶ時の目安は、新しいものはうっすらと白い粉をふいた
 ようになっているものを選ぶ。
 黒大豆の黒い色は、ポリフェノールの一種でアントシアニン
 で、血液をサラサラにし体脂肪をつきにくくする作用が
 ある。
 
青大豆
 浸し豆、緑豆とも呼ばれている。
 おもに、東北や北関東で作られている。
 一般の大豆に比べて、甘味が強い。
 外見、中身ともに緑色のため、豆腐やうぐいす粉にすると
 うっすら緑色になる。
続きを読む

大豆と納豆の違い

大豆には、タンパク質のほかに
カリウム、カルシウム、鉄などのミネラルやビタミンB群、
ビタミンEなど、さまざまな栄養が豊富に含まれています。

納豆は、その大豆の豊富な栄養をそのまま引き継ぎます。
さらに、発酵して納豆になる過程で、酵素やビタミンが
増えます。

特に増えるのがビタミンK。
ビタミンB2は、約6倍ほどにも増えます。

大豆の鉄

大豆、緑黄色野菜、穀類、海藻類などの
植物性食品に含まれる鉄は、非ヘム鉄と呼ばれるものです。

非ヘム鉄は、吸収率がとても低く2〜5%ほど。
しかし、動物性タンパク質食品と一緒に摂ることで
吸収率が、6〜13%くらいに高くなります。

ビタミンCやかんきつ類に含まれるクエン酸も、
非ヘム鉄の吸収率を高めます。

適度な胃酸も、食物の消化吸収を良くするので、
鉄分の吸収率がアップします。
胃酸を多く出すには、よく噛んで食べることです。

大豆でダイエットできるワケ

●大豆は、脂肪や糖質の代謝に必要な鉄やカルシウム
 などのミネラル類やビタミンB群が豊富です。
 かたよった食生活をしていると、代謝が落ちます。

 大豆類を摂ることで、それが改善され脂肪が燃えやすく
 なります。
 必須アミノ酸も多く、乳製品や穀類と一緒に食べれば
 タンパク源として完全食に。

●同じ量のタンパク質で比較した場合、大豆のカロリーは
 牛肉肩ロースの38%。
 いんげん豆も、牛肉の57%。

続きを読む

豆ダイエット

豆は消化が良くないので、胃腸に負担をかけたり、
お腹が張る場合があります。
なので、最初は様子を見ながら量を加減するのが良いです。

一度に多く食べるのでなく、毎日豆を食べ続けるのがよい。
1日にティースプーンに2杯(20g)ほどから。
体が慣れてきたら、量を増やしていく。

テレビで紹介された、「白いんげん豆ダイエット」で
続きを読む

大豆は丸ごとが一番

大豆は、古くからいろいろなものに加工されてきました。
おからや納豆の他に、豆腐、みそ、しょう油などの
調味料としても。

これらの大豆食品は、見た目がまるで違うように、
含まれる栄養成分にも違いがあります。

おからには、食物繊維が豊富です。
豆乳を固めて豆腐にした後の上ずみ液には、
オリゴ糖がたっぷり含まれています。

大豆の栄養を丸ごと摂れるのは、きな粉や納豆、
一部の豆乳など。
大豆に含まれる成分で、ムダなものはひとつもありません。

なので、できたら大豆を丸ごと摂るのが一番良いのです。
でも、煮豆は苦手という人も多い。
そういう人は、大豆加工食品が今はたくさんあります。続きを読む

大豆の主な栄養素と働き

大豆の、主な栄養素と働きです。

タンパク質
  生命をつかさどる基本物質。
  筋肉、臓器、血液などを構成しています。
  生体防御に関わる抗体の成分となっています。

食物繊維
  整腸作用、便秘予防。

リノール酸
  コレステロールの低下、健康な肌や髪、
  心臓病の予防、抗肥満作用。

レシチン
  コレステロールの低下、抗酸化作用、記憶力の
  低下予防、肝臓の解毒作用を助ける。

ビタミンB1
  成長の促進、炭水化物の消化、神経、筋肉、
  心臓の機能を正常に保つ。

ビタミンB2
  納豆では数倍の含有量になる。
  成長と生殖を助ける、健康な皮膚、爪や髪をつくる。
  唇や下の炎症をやわらげる。
  視力の増進、目の疲労を軽くする。
  炭水化物、脂肪、タンパク質の代謝を促進。

続きを読む

大豆は理想の食品

栄養素は単独でというより、他のさまざまな栄養素と
合わさって効果を発揮します。
カルシウムが効率よく働くためには、カルシウムと
マグネシウムの対比が、2対1のバランスが良い。

また、ビタミンB群、ビタミンC、それに
必須アミノ酸が欠かせません。

これらの栄養素が、細胞に入っていくためには、
必須脂肪酸やコレステロール、中性脂肪などが
バランスよく含まれていることも、大切な条件
になります。

その点からいうと、大豆は理想の食品と言えます。

続きを読む

米と大豆の関係

日本人にとって、豆と言えば「大豆」と言われるくらい
大豆は「豆」の主役でした。
豆腐、味噌、しょう油などの原料としては、今も日本食には
欠かせない大豆です。

豆のビタミンの中で特に注目するのは、ビタミンB1、
ビタミンB2。

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変える手助けをします。
ご飯を食べても、ビタミンB1がないと、エネルギーになりません。
ビタミンB1が不足すると、疲労物質がたまって疲れやすくも
なります。

昔の日本では、麦ご飯や豆を使った料理でビタミンB1を
摂っていました。
しかし、現在は麦ご飯を食べる人は少ないです。

ファーストフードやインスタント食品などを多く食べるような
続きを読む

大豆とひき肉のカレー

豆がちょっと苦手な人でも、カレーなら食べられのでは
ないでしょうか。

【材料 4人分】
 ・ゆで大豆・・570g
 ・大豆のゆで汁・・1と1/2カップ 
 ・合びき肉・・250g 
 ・玉ネギ・・1個 
 ・にんにく・・1片 
 ・油・・大さじ2 
 ・トマト・・大1個 
 ・塩・・小さじ1と1/2 
 ・コショウ・・少々 
 ・パセリのみじん切り・・適量
 
 ※ ・赤とうがらし(お好みで)・・1〜2本
   ・ローリエ・・1枚
   ・カレー粉・・大さじ5 
大豆カレー
続きを読む

ダイエットに一番効果のある大豆食品は

大豆に含まれるイソフラボンには、脂肪の吸収を遅らせる
働きがありダイエットに効果があります。
なかでも、一番効果のある大豆食品は?

どれが一番というのはありません。
大豆製品には、それぞれ特徴があります。

きな粉は、大豆の成分を丸ごと含んでいるので、
栄養的には優れています。
しかし、大豆の臭いがするので嫌いと言う人もいます。

豆腐や豆乳は、大豆から食物繊維が失われます。
食物繊維も残さず摂るには、おからも食べるのが良いです。

クッキーやパン、豆乳などにもおからを入れたり、
食物繊維を微細粉粒化して入れた製品もあります。

大豆を発酵させた納豆には、大豆の栄養に
続きを読む

食べる石鹸

大豆や小豆などを煮ると出てくる泡。
石鹸がなかった時代には、豆のとぎ汁は食器洗いや
シャンプーとして使っていたそうです。
泡には、サポニンが含まれています。

サポニンは、体の外だけでなく、血管についてしまった
不要物質も取ってくれます。
それで、「食べる石鹸」とも言われます。

腸の活動を活発にして肥満・便秘予防。
大腸ガンを起こしにくくすると言われます。

しかし、サポニンは水に溶けやすい。
煮たりした場合には、煮汁に溶け出してしまいます。

その点、納豆は水に浸し、そのまま蒸し煮するので
成分が失われずにすむ理想的な食品です。

大豆イソフラボン、サプリメントで摂取は

大豆イソフラボンは、骨粗しょう症やガンなどの予防効果が
あるとされています。

イソフラボンは、化学構造が女性ホルモンのエストロゲンと
似ています。
年齢を重ねることで、エストロゲンの減少で症状が進む
骨粗しょう症の予防にも、効果があるとされています。

でも、過剰摂取すると逆に発がんの危険性を高めるとの
続きを読む

イソフラボンの3大効果

@美肌になる。

滑らかで弾力のある肌を保つのに、女性ホルモンは
欠かせません。
30代後半から、女性ホルモンの分泌が低下してきて、
肌は弾力を失いシワが出てくる。

イソフラボンは、不足した女性ホルモンの働きを補い、
潤いやハリ、弾力を取り戻してくれる効果がある。

Aダイエット効果。

更年期以降は、コレステロール値が上がり、太りやすくなる。
イソフラボンは、コレステロールの代謝を促して、
続きを読む

大豆の煮方

大豆を料理に使うには、豆を長時間浸したり、煮る
時間もかかる。
水煮の市販品を利用するのもいいですが、自分で
まとめ煮して冷凍しておくと便利です。

それでは、大豆の煮方です。

1.水洗いし、一晩(6〜8時間)水に浸しておく。
大豆2カップ(300g)につき、水は6〜7カップ。

続きを読む

1日に80mgの大豆イソフラボン

1日に摂りたいイソフラボンの目安は、80mg程度。
大豆イソフラボンは、1日の必要量を一度に摂っても
ずっと体の中に残るわけではありません。

摂取してから、約8時間で半分ほどに減ってしまいます。
続きを読む

効きやすい体、効きにくい体

大豆イソフラボンは、女性にはうれしい効果が
期待できます。
美肌、コレステロール値の改善、体脂肪の減少、
月経前症候群や更年期障害の症状を軽くするなどです。

しかし、イソフラボンが効きやすい体、効きにくい体が
あります。
大豆イソフラボンが効きやすい体とは

続きを読む

大豆の仲間

●大豆(黄大豆)
 普通、大豆とよばれるもの。
 日本の大豆の多くは、アメリカから輸入されている。

 そのうちの80%は油に、20%が豆腐やみそ、しょう油などに
 加工される。
 良質のタンパク質、ビタミンB群、脂質を多く含み
 「畑の肉」と呼ばれる。

●黒大豆
 新しいものは、うっすらと白い粉をふいたようになっているので、
 選ぶ時の目安にすると良い。

 黒い色素は、アントシアニンの色素で抗酸化の働きがある。
 続きを読む

ムダ毛と食べ物の関係

男性も女性も、髪の毛は女性ホルモン。
体のムダ毛は、男性ホルモンによる。

デンプン体質の人は、肌のキメが尊かく、色白で
毛深くもならない。
しかし、動物性タンパク質を摂り過ぎると男性的な
体質に近くなり毛深くなることも。

毛深くて悩んでいる女性の方、
続きを読む

大豆にピッタリの相手

大豆と相性のいい食べ物に、ゴマがあります。

ゴマ大豆は、どちらも
良質なたんぱく質を含んでいます。
人間が体内で作れない必須アミノ酸も持っています。
でも、含まれる必須アミノ酸の種類が
大豆とゴマでは違っています。

だから、大豆とゴマを組み合わせると、
続きを読む

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。